高校を中退する前によく考えて

全日制の高校へ通っていた方が何かの事情で、辞めてしまう事になってしまったと言う方も今では多くなっているようです。
一番の理由は、学校の勉強についていけなくなってしまったというもので、続いて人間関係がこじれてしまったというものみたいです。
確かに、勉強についていくことが出来なければ学校へ通ってもつらくなってしまいますし、人間関係がこじれてしまえば通うことが出来ても孤立してしまって楽しくありませんよね。
そこで高校を中退しようかと考えている方も多いようですが、本当に後悔してしまわないのかという事を考えていただきたいのです。
今は中退したい気持ちが強いからそう考えているかもしれませんが、何年かしたらやっぱりやめなければよかったと後悔することがあるかもしれませんので、よくお考えいただきたいのです。
後悔してしまったら、いつまでも心の中に残ってしまいますから、よくお考えになって下さい。


高校中退は賛否両論

出来ればきちんと卒業された方が良いとは思いますが、賛否両論のようです。
高校を中退してしまって後悔したという方が多く、就職や結婚などで不利になってしまったと言う経験のある方も多いようなのです。
確かに学歴社会になってしまっているため、高校を卒業していないとやはり何かと不便なことが多くなってしまうとの事。
ですが、逆にやめたことにより他にやりたいことを見つけて今はそちらを頑張っているという方や、あの時やめたから今こうして頑張れる自分がいるという方もいます。
学校を辞めるという事が悪いことだとは一概に言えませんが、現実としてはせめて高校は卒業しておいた方が良いのかもしれません。
もちろん、何かよほどの事情があり辞めざるを得ない場合でしたか仕方ないと思いますので、その際は無理しない方が良いです。


通信制に通う事を考える

辞めてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、大事なのはやはりそのままにしておかないという事ではないでしょうか。
現在では、通信制高校が数多くありますからそちらに通いながら勉強をして、卒業資格を取得することをお勧め致します。
毎日通学する必要はなく、ご自分のペースで通学できるスタイルになっていますので、安心して通えるようになっているのが魅力です。
今では中学校を卒業して、そのまま通信制に進学する方も多くなってきていますから、通いやすくなっています。
たとえ、学校を途中でやめてしまっても学べる環境が用意されておりますので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする