高校中退すると中卒扱いになってしまう

何かの事情で学校を辞めてしまっている方もいますが、近年では勉強するのが嫌と言った理由で辞めてしまう方もいるようです。
勉強についていくことが出来ないという方や高校へ通う事が面倒だと言って辞めてしまう方も多くなってきているようですが、そんな一時的な理由で中退してしまうのはとてももったいない事なのではないでしょうか?
確かに、一度勉強で躓いてしまえば勉強に対して苦手意識を持ち学ぶことが嫌になってしまいますし、次第に学校へ通う事も億劫に。
しかし、高校を中退してしまうと中卒扱いにされてしまう為、色々な面で不便なことが出てきてしまうのです。
その当時はそれでいいと思うかもしれませんが、後々後悔してしまう方も多いようですから、よく考えてから決断を下すようにしましょう。
中卒だと働ける場所も限られてしまいますし、結婚する際にも学歴を気にする親御さんとの相性も悪くなるケースも。


高校は卒業しておくべき?

近年では学歴が高卒以上という企業が増えてきているため、中卒では就職も厳しくなってしまいます。
もちろん、高校を中退していても働ける場所もありますし、自分の才能を生かして職業に就くことも可能です。
ですが、学歴を気にする社会ですからやはり、何かよほどの事情が無い限りでしたら高校卒業しておくのが良いでしょうね。
どうしても学校へ通いたくないのであれば、独学で勉強をして高認試験を受けるとか、または通信制に通いながら卒業資格を取得するのが良いかもしれません。
職人になるためにやめたという方であれば問題ないのですが、授業を受けたくないなど一時的な理由の場合は中退しない方が良いです。
今はいいかもしれませんが、後悔してしまう方が多い様子を見ていると、やはり辞めない方が良いかもしれません。


後先をしっかり考えよう

今現在はもうやめてしまいたい、この先だってどうにかなる、そう考えている方は甘いです。
現に中卒では就職できていない方が多いですし、就ける仕事も限られてきてしまっているので、大変なことです。
確かに秀でた才能を持っている方であれば、その才能で活躍する場を手に入れることが出来るかもしれませんが、夢や目標の無い方が辞めてしまえば時間の無駄になってしまいます。
高校中退してから後悔してしまうよりは、今しっかり先の事を見据えて決断を下すべきでしょうね。
また、ご両親に学費を出してもらっている方は、勝手にやめるのではなくてきちんと話し合いをしてからにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする