高校中退でもその後方向修正は可能

高校中退イコールダメなこと。失敗とかそんな様々なマイナスイメージがついて回ることがあるかもしれません。
普通の全日制高校に入学して、そこに3年通ってから卒業するのがふつう。
そのあと大学に進む、進まないは別の話だが、高校くらいは普通に出ておかないと。
じゃないと「普通」じゃないから。
そんな社会的圧力に悩んでいる人もいるかもしれません。
社会からの目線に悩んでいる人は、高校中退した人の中で言ってもそんなにすくない割合ではないはず。
自分は普通のレールに乗ることができなかった。
ということはダメなんだ…。
そんな悩みに苦しむ必要はありません。高校中退したとしてもその後の行動が大切なのです。


高校中退しても高等学校卒業程度認定試験によって資格を得る

高等学校卒業程度認定試験の制度を利用すれば、高校を中退したとしても、高校卒業したと認められるに等しい権利を手にすることができます。
普通のレールを外れてしまったと思ったとしても、もう一度レールに戻ることができるチャンスも通称高認を受けることで手に入れることが可能です。


再び高校にはいりなおしてから卒業する

別に、試験に合格しなくとも再び高校に入り直して卒業すればいいのです。
通常の高校が嫌なら通信制高校に入るという選択肢もあります。
また勉強を進めて、通常の人生に近づきたい人はそれを目標にしましょう。
高校中退でもその後の生き方はさまざまです。なんといっても時間は多く手に入るのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする