高校中退なのに高校卒業と認められる?

さて前回の続きです。

せっかく高校中退したのに今さら入り直すなんて嫌だという人、朗報です。

せっせと高校に通って、単位を取って、卒業式に出て、卒業証書をもらうという大変な労力をかけなくても、高校卒業したのと同じ資格を認めてくれる制度が日本にはあるのです!

では今からその救世主のような制度についてご説明しましょう。

高校中退なのに高校卒業だと認めてくれる制度

その制度の名は「高等学校卒業程度認定試験」。
なんだか噛みそうになる名前ですが、略して「高認」と言えば聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?
昔は「大検」と呼ばれていた試験で、そちらの名前で聞いたことのある人も多いかも知れませんね。
大検は「大学入学資格検定」の略称で、文字通り高校中退したり、そもそも進学しなかった人にも大学入学のチャンスを開く試験でしたが、別に大検とっても大学に行かない人もいますし、とりあえず高卒と同じだけの資格を認めくれればいいという人もいることから名前が変わったみたいですね。
高卒じゃなくても、高校を卒業したのと同じくらいの学力がありますよと認めてくれる制度ですね。
れっきとした文部科学省認定試験なので、そこらへんも安心ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする