高校中退によって生まれた時間を有効利用する

高校中退した人は同い年で学校に通っている人に比べて時間が多く余るのではないでしょうか?
せっかくあるその時間、有効利用しない手はないですよね?
いやいや受ける無意味な授業も、長く厳しい部活動もなくなり、その時間はすべて手に入ります。


読書や自主的な勉強にあてるのもアリ

前から読みたかった本などを読む時間もたくさん余っているので、その時間にあてられますね。そんな贅沢な時間をつかえるのは特権と言えます。
周囲の状況に邪魔されないで勉強に打ち込めるメリットもあります。自分のペースでやりたい勉強をすることができるのでより身に付くかもしれません。


高校中退をチャンスに変える

高校を中退してしまった事実はプラスにはならないでしょうか?
いえ、人と違う経験を得たという意味では大きなプラスといえるかもしれません。高校中退してしまった人に対する風当たりは決して弱くはありません。
でもその逆風に立ち向かえるだけのきっかけを得たと思えば決して悪いことばかりではないのかもしれません。
余った時間を利用して、他の人が高校で過ごしている勉強以外の時間を勉強にあてることもできます。高校中退、ときくと悪いイメージばかり浮かんでしまいますがそんなことはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする