高校中退に対するイメージは人それぞれ

今では何か事情を抱えて学校を辞めてしまっている方もいますが、なぜかそのイメージがよくありません。
高校中退に対するイメージはもちろん人により異なりますが、どちらかといえば悪いイメージの方が強いかもしれません。
辞めた理由が面倒くさいからとか勉強をしたくないと言う理由であれば悪く思われても仕方ありませんが、中には病気や家庭の事情で辞めざるを得なかった方もいるわけですから、一方的に悪いイメージを抱くのは間違いではないでしょうか。
現在では、結婚する際に高校中退していることを隠している方も多くなっているそうです。
学歴は大きな問題ではないのでそこまで重視しなくてもいいのではないかと思いますが、やはりまだ学歴社会ですし学歴を気にしている方も多いためどうしても悪く思われてしまうとの事。
悪いイメージを払拭するために、通信制高校へ通い、やり直して卒業資格を取得しようと頑張っている方も多くなってきているのです。


高校を辞めてしまった人の何が良くない?

辞めてしまった方に対して変な奴というイメージを持っている方もいるようですが、何が悪いのでしょうか?
自分勝手な理由で辞めてしまった方に対してそういうイメージを抱くと言うのは分かりますが、全ての方がそうと言うわけではない。
高校中退=恥ずかしいという考え方が定着してしまっているから、よくないイメージを抱いたり誰にも言えずに隠してしまったりするのでしょうが、まずはこの考え方から考え直すのが良いでしょうね。
周囲の方のイメージを変えることも大事ですが、辞めることを選択した自分にもまた多少非があるという事を理解すべきかもしれません。
自分の人生ですから、責任の取れないようなことや後悔するようなことをしてしまわぬよう、考えることが大切です。
一番良くないのは、衝動的に高校中退してしまう事ですから、冷静になりもう一度よく考える時間を作りましょう。


頑張りを評価してくれる

たとえ学校を辞めてしまっても、通信制に通い卒業資格を得ようとしている方はプラスに繋がります。
実際、企業の面接に行った方が学校を辞めてしまったけれど現在は通信制に通いながら卒業を目指していますと話したところ、プラスに繋がり採用してもらえたという話もあるのです。
辞めてしまったことが問題なのではなくて、辞めてしまった後が大事だという事ではないでしょうか。
そのまま放置しておくよりも、通信制やフリースクールに通い卒業資格を取得したという方の方が、やはりイメージが良いです。
ですから、可能な方であれば努力してもう一度新しい環境で頑張ってみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする