高校中退は人生のチャンス?

勉強についていくことが出来ずに学校を辞めてしまった方もいれば、人間関係に耐え切れずにやめてしまった方もいるでしょう。
高校を中退してしまうと不便なことや不利なことが多くなるイメージですし、実際にそう言う事も起きているのです。
ですから、辞める際にはもう一度よく考えていただくのがいいと思いますが、考え方によってはチャンスなのかもしれません。
高校を中退してしまったことが問題なのではなくて、その後にどう行動するのかという事が大事なのではないでしょうか。
そのままにしてしまっていると、やはり印象が悪くなってしまうのも無理がありません。
現在では、通信制へ通いながら勉強をして卒業資格を取得しようとしている方も多くなってきているので、お悩みの方はぜひ通信制高校について調べてみませんか。
きっと自分にぴったりの学校を見つけることが出来るはずなので、良い場所があれば申し込みをしてみてはいかがでしょう。


高校を辞めてよかったこと

マイナスイメージがまだまだ強いですが、辞めてよかったと思う事もあるようです。
例えば、学業不振になり辞めてしまった人は、もっと分かりやすくて自分に合っている通信制高校を見つけ、そちらで勉強して理解を深めることが出来たという方や、自分のやりたいことを見つけてその将来の為に勉強できる学校を見つけたという方。
面倒だからとかだるいからとか、そういった下らない理由で高校を中退してしまうのは悪い事ですが、何か目標を見つけ走っていくことは良いと思いますよ。
将来、自分がどんなことを仕事にしたいのか考えてから、通いたい通信制に入学する方も増えてきているので、今現在何がしたいのか悩んでいる方はじっくり考えてみて下さい。
日本はまだ学歴社会ですし、中退者に対して厳しい眼差しを向けることもありますが、自分の好きなことを学びながら卒業資格を取得できるのなら誰にも文句は言われません。


他人の言う事は気にしない

学校を辞めてしまったことでとやかく言う方もいますが、それはあくまでもその人の意見でしかありません。
自分の人生ですから、自分で選んだ道に誇りを持てるように考えながら行動を起こしていくのが一番です。
たとえ高校を辞めてしまったとしても、やりたいことを一生懸命にやっていたり、手に職を付けて頑張っていればいいんです。
学校を卒業したからと言って何かが偉いと言うわけではありませんし、それでも就職にありつけない方もいます。
学歴だけで人を判断することは失礼なことだと思いますし、大事なのは何をして来たのかという事なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする