高校中退は男女どちらが不利になる?

現在、学校を途中でやめてしまっている方が多くなってきていますが、やはりそれは不利になってしまいますよね。
高校を中退してしまった方は中卒扱いになりますから、就職の際にも不利になってしまう事が多く、なかなか採用されないことも。
学歴社会であるから仕方のないことかもしれませんが、それではいつになっても何も変わりませんよね。
男女どちらの方が不利になってしまうのか、それは女性よりも男性の方だと言われています。
大企業になれば大学まで卒業されている方のほうが採用されやすいですし、女性と結婚する際学歴で判断されてしまう事もまだ多いです。
女性は、仕事を選ばなければキャバクラなどでも働くことが出来ますが、世間体を気にするのであれば女性もやや不利に。
ですが、通信制高校などに通って卒業資格を取得することも出来ますから、自分次第で変わってくるのではないでしょうか?


高校はなぜ義務教育ではない?

皆さんの中には、だったら義務教育にしてしまえばいいじゃないか、と思った方もいるかもしれません。
しかし、高校まで義務教育にしてしまう事で、デメリットも数多く出てきてしまうから義務教育は中学校までとなっています。
例えば、中学を卒業したら職に就きたいと考えている方もいれば、不登校になってしまっている方もいます。
そのような方からすれば、高校まで義務教育になってしまったら迷惑な話になりますから、なかなか法では決められないのだそうです。
学校へ通うよりも家業を継ぎたいと考えている方もいるようですし、義務教育にするのは難しい事。
また、収入により苦しくなってしまう家庭も出てきてしまうなど、色々な問題を抱えているため、自由となっているのです。


学歴を気にするなら

自分は学歴なんて気にしないし、別にどう思われても良いと強い気持ちが持てる方ならいいかもしれませんが、やっぱり中卒扱いは色々不便だし嫌だなと考えている方は、通信制高校へ通うのが良いです。
自分のペースで通学して学習を進めることが出来ますので、無理なく卒業資格を取得できるようになっています。
まだまだ学歴社会ですので、高校までは卒業しておかれるのが良いですね。
中退してしまい後悔している方や、通いたくても通えなかった方の為にある通信制ですから、どんどん活用していきましょう。
働きながらでも通学できる学校も出てきていますから、卒業資格だけ取得したいという方でも入学できます。
その学校により、卒業条件が変わってきますので事前によく確認しておくことを忘れずに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする