高校中退がかなり社会的にはやばいというのもまた事実なり

よくテレビなどでは、高校中退しながら社長になる人であったり、高校に行かずに特定の分野で活躍したりする人が紹介されますが、その人達は珍しい存在だからこそ世間から取り沙汰されているのです。
現実では、やはり高校中退してしまうというのは、かなり難しい状況に追い込まれると覚悟した方がいいでしょう。
そこで、今回は高校中退によって予想されるデメリットについてご紹介。
これを見ても、やっぱり今の高校は辞めたいと思っている方や、すでに高校を辞めてしまったという方は今からでもやり直す方法はあるのでご安心を。


高校中退では多くの企業に就職出来なくなってしまいます

高校中退ということは学歴的には中卒という扱いになってしまいます。
最終学歴が高卒であっても就職先が限られてしまう現代において、中卒というのは就職の際にかなりのハンデとなることでしょう。
オフィスワークなどのホワイトカラーといわれる仕事では殆どが大卒から求人を行なっており、中卒の方の多くが製造業などのいわゆるブルーカラーの職業勤めることになります。
もちろん、職業に上下関係などはありませんが、ブルーカラーと言われる仕事では体が資本といった場合が多く、年齢を重ねても続けられる職業というわけではありません。
また、そういった仕事で収入を上げるには特定の技術が必要となってくるので、高校中退してしまうと挽回するにはかなりの努力が必要といえるでしょう。


通信先生高校ではちょっとの遅れも取り戻すチャンスです

通信制高校であれば高校中退した方でもちょっとの遅れは取り戻すことができます。
高校をやめて通信制高校に編入しようと考えている方であれば、これまで取得した単位を引き継いて進学することも出来るので、努力を無駄にすることなく自分のペースで卒業を目指すことも可能なのです。
また、大学進学にも積極的な通信制高校といういのも多くあるものなので、未来の選択肢を増やしていくという意味合いでも、高校中退で諦めるのではなく通信制高校でもう一度頑張ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする