編入、転入と単位制

通信制高校の大きな特徴の一つに「単位制」を採用している事があげられます。通常全日制高校や定時制高校は「学年制」を採用しており学年制では学年ごとに受けるカリキュラムが決まっています。そしてその学年の全てのカリキュラムにおいて及第点を取る事で「進級」し次の学年へと移行します。またもしカリキュラムのうち一つでも落としてしまうと「留年」という形で、同じ落とした科目を含むその学年のカリキュラム全てを再履修する事になります。

一方通信制で採用されている「単位制」の場合凡そ74単位全てのカリキュラムを取得する事(そして在学期間3年以上)で卒業となります。(>>>高校中退解決センター)学年制と違ってカリキュラムは3年間を通して自由な量と順番で取得する事が可能な為「進学」や「留年」といった概念は存在しません。また1科目落としてしまった場合でも学年制のように「とれた科目」も再履修する必要がなく、とり直しが必要なのは落としてしまった単位のみで済みます。時間の無駄も少なく何より通信制の学費は年間の取得単位数によって大まかに決まる為、再履修が必要なのは落とした単位だけという事は学費もその分安くなります。 留年の心配もない!


「学年制」の場合1科目落としてしまう事で一年共に勉強してきた仲間達と学年や履修カリキュラム、クラスが分かれてしまい一人だけ一歳年下の生徒が集まるクラスに在籍する事になります。留年は高校中退理由の中でも比較的に多い割合を占めておりしばしば問題とされていますが通信制高校ならどのカリキュラムも幅広い年代の生徒が受講しており、また友達と一緒に同じカリキュラムを受ける事も可能なので単位落としが留年の直接的あるいは間接的リスクになる可能性が一回り低めです


高校中退からの通信制高校転入、編入

高校中退の場合通信制高校への入学は基本的に「編入」となる場合が多いです。というのも編入は以前高校に通っていたが現在は学校に通っていない生徒さんの入学を指す言葉であり、転入の場合は現在別の高校に通っている状態から通信制に入学する事を指します。なお一度は高校中退となりその後通信制高校に編入する場合、全日制等で受けた授業は概ねどの通信制高校でも単位として認められる場合が殆どです。例えば全日制に1年通い2年次の高校中退した場合一年で受けた国語や数学、英語や理科総合といった教科はそれらに該当するカリキュラムの単位として認められます。またこの場合通常卒業までに3年の在学期間が通信制高校では必要ですが1年は全日制に通い続けた経歴がある事から通信制に通う期間は2年でよくなります。ただし通信制を高校中退し全日制の学年制に戻る場合は単位→学年への変換が難しい事から「一年生からやり直し」となるケースが殆どです。学年制の学校に復学する可能性がまだ少しでもあるのであれば単位制への移行は慎重に行うべきかもしれません。


>>>普通学科と専門学科、総合学科

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする